ウーマン

見やすいと評判な中綴じ印刷を取り入れてみよう

幅広い用途を持つ包装材

袋

包んでも中味が一目瞭然

一般に、中味が透けて見える樹脂製の袋のことをビニール袋と呼びますが、細かく見ていくとさまざまな種類に分かれています。その1つに、OPP袋があります。OPPとは、特殊な加工を施したポリプロピレン樹脂のことをいいます。日常的によく見かけるOPP製品としては、スイーツショップで売っているケーキや花屋で仕立ててもらうブーケの周囲に巻かれている、手で握るとカシャカシャと音を立てる透明なフィルムがおなじみです。このOPPを素材として袋状にしたものが、OPP袋です。OPP袋は、さまざまな商品の包装材として広く利用されています。最もよく知られているのは、CDやCVDをケースごと入れるパッケージです。また、銀行や保険代理店などでよく見かける小型のパンフレット類を入れる袋としても使われています。さらに、衣料品を販売する際にもOPP袋が頻繁に活用されています。OPP袋は厚みや重さが大きいものを入れるのには向いていませんが、比較的薄く、軽いものを入れるのに適しています。そのため、ネクタイ・ハンカチ・ストッキング・Tシャツなどをあらかじめ包装した状態で店頭に陳列する際にしばしば用いられます。OPP袋は樹脂製の袋の中でも極めて透明度が高いため、商品をいちいち袋から出さなくても外から色やデザインを確認することができます。表面に直接印刷することも可能なため、ブランドロゴや商品名、使用上の注意などを表示することができます。